双子座


交友関係や知識情報などに風通しの良さを持つ双子座は、物事に囚われず時流に乗って進む事が持ち味であると言えます。
けれどここしばらくは、濃密で堅固な誰かや何かとの関わり合いの中に 責任や義務というものを意識して来たかも知れません。

自由に動けるのならば本来とても楽しいはずの事が、妙な期待やしがらみがまとわりついて重く感じる などという所でしょうか。
ここで手に入れられるものは、これから向かう世界へ通じる扉を開けるために必要な「信頼関係」という名前の鍵なのです。
閉塞しているように感じる繋がりが 実は更に羽ばたく土台を提供してくれているのだと気付く、そんな上半期となりそうです。


1月は、家系など切っても切れない深い繋がりの中で、自分の位置付けを確認したり 何かを腹に据えるような流れが感じられます。
今まで好きでやって来た事の正式なお披露目や恋人を親族に紹介したりなど、気合いを入れて臨む様な事柄があるかも知れません。
引き受けるものの存在は重くても、これはあなた自身の存在をも重く確かなものへと変化させ、鍛え上げてくれています。
もたらされる報酬は大きいものの、身びいきのような態度に対しては持ち前の聡明な利発さでさらりとやり過ごす必要がありそうです。
後半、専門知識を学ぶため遠方へ赴いたりなど忙しくなりそうです。とても充実した楽しい時期となるでしょう。

2月、これまでの流れから引き続いて 未来へと希望を描くような時期となります。
あなたの肩書や社会的に見せる姿に「あるべき自分の理想のヴィジョン」が加わって、ひとつの重要なポイントを迎えるでしょう。
2月後半、責任範囲やテリトリーを固めるために一旦どこかに戻ったり、ヴィジョンの見直しや仕切り直しが発生しそうです。
プロデュースするのは自分の手掛けているものだけでなく、仲間の繋がりをも含めた組織体である事が次第に分かって来るでしょう。

3月、新たなヴィジョンと共に不思議な手ごたえが感じられると思います。周囲との信頼関係が築かれたという証なのかも知れません。
やらなければならないものが多いとなかなか億劫に感じるものですが、その中に意義ややりがいを見い出す事が出来るでしょう。
3月後半、交友は大いに広がりそうです。その分、会話やプレゼンなどでの勇み足、言葉の選び方には注意しておきましょう。
恋愛は、関係性を深めようとする中で葛藤が生じる気配があります。そこにはいつもつまづくような課題が隠されていそうです。 

4月は、とても激しく刺激的な関わり合いが発生するでしょう。今までのあなたをパーンと打ち破るような勢いに満ちています。
知的な発想力が持ち味のあなたにしてみても、ここからは仲間内で従来通りのやり方では通用しなくなるかも知れません。
けれど、引き受けて来たしがらみの中にあなたを応援する人が大勢見つかるはず。築いて来たものの真の姿に気付くでしょう。
4月の終わり、水面下で話をまとめたり会話・思索するような時期です。ブログやSNSなどネット上での交流は盛り上がりそうです。

5月、フットワークが軽くなりコミュニケーションが活気付きます。友人関係や仲間との関わりも楽しく華やかでしょう。
果たすべき義務や責務はしっかりと認識しておく必要がありそうですが、必要な助けは身近な所から必ず得られるはずです。
恋愛は、パワフルで刺激的な雰囲気に満ちています。仲間とアクティブに行動する中で、突然の出会いが訪れるかも知れません。
5月後半、何らかのご縁や繋がりが発生する気配があります。あなたにとって特別なチャンスやタイミングとなりそうです。

6月始め、好きな事に思い切り飛び込みたくなるかも知れません。恋愛なども、この時期は積極的に楽しむ勢いがありそうです。
これまで背負っていた重い荷物を、ここでは内緒でちょっぴり見ないフリを決め込んでしまうかも知れません。
6月中旬以降は、何かの見直しややり直しが発生しやすい時。空回りしやすい時期なので目先の事に惑わされない姿勢が必要です。
また、過去に縁した誰かや何かとの再会の暗示もあります。大切な忘れ物を手の中に取り戻すような、そんな気配が感じられます。


様々な広がりの時期を経て、周囲にいる人々が 今まさにあなたを取り囲んでいるのが見えると思います。
あなたにはその人脈が、緊密な繋がりを見せながら立ちはだかっている壁のように感じられるかも知れません。

双子座が得意とする知的コミュニケーションや会話の妙は、それを伝える相手がいてこそ光り輝く技となります。
壁は ただ一辺だけに存在するよりも、ぐるりと張り巡らされた壁である方が反響が大きいのは言うまでもありません。

これから先に向かうのは、その壁の向こう・・・なのだとしたら、今 ここで温めているあなた自身の「光」が
共鳴し さらに大きく強くなった後に、壁のどこかに「向こうへと続く扉」がある事に 気付くのかも知れません。



inserted by FC2 system