乙女座


あなたの手が生み出したいものは何でしょうか?効率的なやり方をとことん追求し、隙間なく作り上げて行く乙女座スタイル。
昨年末までに、その形には何かこれまでとは違った動きが現れたかも知れません。なかなかどうして思い通りには進まないのです。

その中には、周囲の思惑やチームとしての大枠など「人との関わり」がしっかりと絡まっていたのではないでしょうか。
例えムダが多くリスクを抱えるような事でも、関わる人々の繋がりに意義があり それこそが目的に他ならないのかも知れません。
そんな身近な作業環境の中で あなたという個人の持つ役割や意味を知り、価値観が大きく変化して行くこの上半期となりそうです。


 

1月は、忙しく活気に満ちた時期でしょう。楽しみ事や好きな事も片っ端から精力的にこなしたくなるだろうと思います。
手掛けるものは人との絡みもあり一筋縄では行きませんが、だからこそやりがいもあるはず。ここは大らかに構えたい所です。
恋愛も同様に情熱のまま突き進みそうですが、思わぬデキ婚などの結果に繋がりやすいので要注意。周囲の応援は得られそうです。
1月中旬以降、過去の恋愛が復活したり 身近な友人から昔なじみの遊びや楽しみ事がもたらされるかも知れません。

2月、身体や健康について不安があればここで流れを整えられるでしょう。対人関係においても何かの見直しが発生しそうです。
誰かや何かとの関わり合いの中で曖昧だった部分や物事を見つめ、具体的に請け負ったり現実的に対処して行く好機となります。
2月後半、過去の出来事や後悔などを見つめる作業はまだ途上にありますが 物事はようやく前向きに進み始めるでしょう。
あなたが誰かに対して出来る事は必ずあります。自分の方法でなく相手を推し量って動く時、そこに優しい風が吹くだろうと思います。 

3月は、対人面が活性化するでしょう。見直して来た事をしっかりと意識に沁み込ませて行く雪解けのようなタイミングです。
あなたの持つ力は自分の中で終始するのみでなく、誰かの役に立つためにあるのだという事に次第に気が付いて行くでしょう。
3月後半、役割が明確になって来るだろうと思います。同時に、誰かの世話を引き受けるなどとても忙しくなるでしょう。
あなたにとっては本領発揮と言える場面かも知れません。仲間の存在に勇気付けられたり仲間によって助けられる事もありそうです。

4月早々、突然大きなギフトを授かるような 血縁など深い関わり合いや絆を意識する出来事があるかも知れません。
未来への希望を描き、ちょっぴり武者震いするような心境になりそうです。期待に満ちた責任感や手ごたえが感じられるでしょう。
4月半ば以降、身近な相手との関係性は優しい気配が漂います。例えあなたが行き詰まっても変わらず温かな支えをくれるでしょう。
ここからは、出来る事と出来ない事のバランスの取り方が重要です。周囲が差し出してくれる手に任せる事を学ぶ機会となるでしょう。
自分の手でこなせる限界を知り、自分で設定していた壁を壊す時です。未来のための大きな出費や収支の激しい変動もありそうです。

5月、専門的な学習を始めたり遠くへ赴くような時期となります。これまでの環境が少し手狭になって来るのかも知れません。
現状を変えて行こうとする意欲に満ち、周囲の協力の元 未来へとスタートを切って行けるのではないかと思います。
5月後半、あなたがどうにも手をこまねいていた部分に 親しい人からの助けや口添えなどがあるかも知れません。
それにより あなたの社会的な立場や肩書に何らかの成果を掲げる事が出来るでしょう。人のありがたみを感じられる時です。

6月は、志を同じくする仲間や気心知れた友人たちとの関わり合いに助けられ ホッと和まされる事が多いでしょう。
しばらく自分に出来る事とそうでない事との学びを続けていたあなたですが、ここでは自分の手で結果を出す事が出来そうです。
6月中旬以降、そんな関わりの中で次第に成すべき事が見えて来るでしょう。大切な相手との再会の気配もあります。
人間関係の中で見落として来たもの、言えなかった言葉…。過去に向き合う事で忘れ物を取り戻し現状を塗り替えて行けるでしょう。


この上半期、乙女座はやりたい事や好きな事に向かってどんどん突き進んで行くでしょう。そこにはある種のジレンマが発生します。
まるで難易度の高いパズルを必死で解き明かそうとするかのように 今度ばかりはなかなか苦戦するかも知れません。

そんなあなたの周りには、心からあなたを助けようとする仲間の存在がいつでもその機会を待っているでしょう。
ポンと誰かに手の内を委ねた時、ふわりと解ける魔法のようなヒントが 思いも寄らない形でやって来るのではないでしょうか。

そして 欲しかったのはパズルの完成そのものではなく、その中に隠された「未来の扉を開ける鍵」だと 気付くだろうと思います。



inserted by FC2 system